>

資金サポートを受けやすくするためのコツ

銀行員からの信頼を得るための対策

開業サポートの融資を受けるために経歴や資産の所有は欠かせませんが、銀行員は中長期的な経営ビジョンを見ます。
たとえ資産があっても、具体的な経営ビジョンが見えないと売り上げを出せるか否かの判断をしかねるため、融資を受けられる可能性を下げます。
特に黒字経営を続けていても、倒産してしまうケースがあるくらいです。

資金計画書の提出は求められた場合でも、十分な説明をするための売り上げ見込みやビジョンが提出できる状態にしましょう。
また、できる所から始めていき、期間を設けて結果を出すようにするのもアリです。

時には、担当の銀行員とコミュニケーションを図るのも良いでしょう。
自分の経営におけるアドバイスをしてもらえる人なら、中長期的な付き合いが期待できます。
地方銀行だと、地域に根差した経営者を応援するのをコンセプトにする傾向にあるので、参考にしてください。

会社勤めをしている人なら

近年では1つの企業に勤めないで、副業の目的で個人事業主となる人が増えています。これをパラレルワークとも言われており、彼らは会社員としての勤務時間以外を活用して兼業を行います。

賢い働き方により自分の好きな仕事ができるうえ、青色申告をすれば年間65万円を収入控除が受けられます。
自宅が会社であれば、家賃や水道光熱費も必要経費とみなされるかもしれません。
節税にもなるため、費用負担の軽減も見込めます。

とはいえ、銀行員もスキルアップが見込めない人や実績が無い人に融資をしないはず。事業計画を報告する場合、自分のやりたい仕事以外に売り上げが見込めるのを明確に伝えましょう。ビジョンが明確でなければ、パラレルワークを長く続けられないうえ、全ての結果が中途半端になりかねません。


この記事をシェアする