>

制度融資とプロパー融資の違い

これまでの勤務実績

銀行員が融資をしたいと思わせる人の勤務実績を分かりやすく説明します。
例えば、飲食店を新規開業始めたい人で店長やリーダーのような責任ある職種を任された人なら、新規開業をする場合でも1つのキャリアで活かせるでしょう。
一方、皿洗いやホールスタッフとしての経歴は大事ですが、自分が代表として新規開業をする場合だと、説得力に欠けるかもしれません。

新規開業をする場合の職歴は大事ですが、先ずはどのような仕事をしていたかの見直しましょう。
自分では自信が持てない場合なら、細かな人選をしたうえで経歴がある人と共同経営で進めるのも良いでしょう。

また、経歴をつけるためにニーズに合う職種への転職を行い、キャリアを積んで資金サポートへ繋げるのもアリです。
ただし、職場環境が悪い所でもある程度は耐えられる心身の体力は必要です。

資本金や預貯金のような資産も見逃さない

新規事業を始めるにあたり、担保や預貯金があるのに越したことはありません。
開業をする目的で貯金や資産運用をする人もいるくらいです。
銀行員も貸し倒れのリスクは抱えたくないので、たとえ経営が上手くいかなくなっても、返済できる見込みのある人に融資を行います。
そのため、信頼を得やすくするために資産の準備はしておきましょう。

既に車や設備のような固定資産を所有している人は、税金や保険料をはじめ維持費が掛かるため、マイナス評価をされる場合があります。
特に固定資産を不必要に所有している人は注意が必要です。
事業経営を始めるためには、身辺整理をしておくのがオススメです。

その他、税金や家賃滞納をしている人も融資を受け難くします。
できるだけ早く清算をしてください。


この記事をシェアする